高円寺びっくり大道芸にて

 
2013年4月に高円寺で行なわれた大道芸イベントに、アコーディオン弾きアラン・パットンとのユニット『チガ・ジダンダ(Csiga Jidanda)』で出演。
左はアラン・パットン作曲の「ミュージック・フロム・パンク・ドンキホーテ」。右は、旧ユーゴスラビア出身の映画監督エミール・クストリッツァによる映画『黒猫・白猫(Crna macka, beli macor)』のテーマ曲「ブバマラ」。それぞれ、ロシアの動画サイト『Videodisc.tv』で発見したものを拝借。

コメント

  1. あれ?昨日、コメントしたつもりだったのですが、できていなかったみたいです。
    左はALTANの演奏に似たような雰囲気の曲があり、iPhoneで普段聴いています。
    右は渋いですねぇ。好きですこういう曲。
    しかし、ロシアの動画サイトとはマニアックです。。。

    返信削除
    返信
    1. お久し振りです、コメントありがとうございます。
      たまたま観客の中にロシアの方が居たようです。
      よりストレンジで、よりリアリティのある音楽を作って参りますので、温かく見守って頂けると幸いです。
      以前よりも内容のあるブログにしたいと思っています(笑)

      削除

コメントを投稿