theater

2017年の11月9日から28日まで渋谷文化村シアターコクーン(その後の松本〜大阪公演含む)で行われた舞台『24番地の桜の園』(演出:串田和美、音楽監督:太田惠資)の劇伴を担当致しました。

19世紀から20世紀初頭にかけて活躍したロシアの文豪アントン・チェーホフの遺作『桜の園』を斬新な串田演出でリメイクしたプロジェクト。
実力派俳優らの演技と、音楽監督の太田惠資によるオリジナル楽曲や東欧のロマ(ジプシー)音楽の生演奏が融合し全く新しい演劇が生まれました。

渋谷文化村シアターコクーン・オンレパートリー2017『24番地の桜の園』

[東京公演]
2017年11月9日(木)~11月28日(火) 渋谷文化村シアターコクーン
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/17_sakurano/

[松本公演]
2017年12月2日(土)~3日(日) まつもと市民芸術館 主ホール
主催:一般財団法人松本市芸術文化振興財団/SBC信越放送
お問合せ:まつもと市民芸術館 0263-33-3800
http://www.mpac.jp/

[大阪公演]
2017年12月8日(金)~10日(日) 森ノ宮ピロティホール
主催:朝日放送/サンライズプロモーション大阪
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
http://www.kyodo-osaka.co.jp/

■スタッフ
作:アントン・チェーホフ  翻訳/脚色:木内宏昌  
演出・脚色・美術:串田和美

照明:齋藤茂男 音楽:太田惠資 音響:市来邦比古
衣裳デザイン:太田雅公 ヘアメイク:佐藤裕子
振付:黒田育世 映像:栗山聡之 衣裳進行:中野かおる
美術助手:原田愛 演出助手:片岡正二郎 技術監督:櫻綴
舞台監督:横沢紅太郎/二瓶剛雄

■出演
高橋克典、風間杜夫、八嶋智人、松井玲奈、美波、大堀こういち、
池谷のぶえ、尾上寛之、北浦 愛、大森博史、久世星佳、
串田和美、小林聡美
<ミュージシャン>
太田惠資、大熊ワタル、関島種彦、アラン・パットン、飯塚 直、ギデオン・ジュークス